県人会ポータルサイト県民.comの取材記事です

東京鳥取県人会 平成22年 総会と懇親の集い

2010年10月24日 東京・九段にありますホテルグランドパレス(東京都千代田区)にて「東京鳥取県人会 平成22年 総会と懇親の集い」が開催されました。

鳥取の新しい試み
例年、平日に八芳園で開催されてきたが、今年は試みを変えたそうです。
事前申込み制で地域ごとに、全席指定、A~Wの23テーブルにわかれて着席。
来賓が一箇所に固められているのではなく、出身市町村ごとに分かれているため、それぞれ首長らはそれぞれのテーブルに分散。参加者は約250名

郷土料理のコーナー、鳥取の地酒のコーナー、鳥取県のアンテナショップ「食のみやこ鳥取プラザ」の出張販売などが設けられていました。

非常に盛り上がる懇親の集い
15分程の総会の後に、懇親の集いが開催された。鳥飼公雄会長の挨拶、平井伸治知事の祝辞に続いて鳥取選出の国会議員・鳥取県の市区町村長などの来賓紹介、長寿・叙勲者の紹介があり、乾杯が行われた。
会場では大きなプロジェクター設置され、ふるさと鳥取の風景のスライドショーが映し出された。
特筆すべきは、ブラジルからブラジル鳥取県人会の本橋会長がいらっしゃっていたことでしょうか。
舞台では他に、歌手やマジシャンによるショーや、鳥取の郷土芸能である「因幡の傘踊り」が披露され、大いに盛り上がりました。
また、JFLの優勝チームが今日にも決まりそうだということで、ガイナーレ鳥取の先制点の速報が入り会場は大いに沸き立ちました。

参加者の声
今年で3回目、今年はいつもと違う雰囲気で凄く良かった(30代男性)
広い会場のおかげで、お互い名刺交換が出来て良い。会員が席を立って行ったり来たりしているのは良い。(60代男性)
☆鳥取県のチャレンジは大変な好評だったようです

特色
他県と比べて、若い人達が非常に多いことが目につきました。これは鳥取県が明倫館・清和寮という学生向けの県人寮があり、そこから(食事付きの)ボランティアを募ったからのようです。
また、受付で参加者の「名前」と「出身市区町村」が書かれた名札を配っていました。
参加者の声にあるように、立ち上がって名刺交換が行われているのも、こう言った細かい工夫があってこそなのかもしれません。特に、来賓の分散は相互にメリットがあったように感じられました。


東京鳥取県人会(鳥取県庁内Webページ)
http://www.pref.tottori.lg.jp/dd.aspx?menuid=32211
県民.com内紹介サイト「東京鳥取県人会」
http://www.ken-min.com/index.php?md=club&aid=KY00001025


このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 東京鳥取県人会 平成22年 総会と懇親の集い
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Delicious
Share on FriendFeed
Bookmark this on Livedoor Clip

Related posts:

  1. 東京鳥取県人会
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.

コメントをどうぞ

XHTML: 次のタグを使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Subscribe: Entries | Comments

Copyright © 県民.com – 県人会ブログ 2019 | 県民.com – 県人会ブログ is proudly powered by WordPress and Ani World.