県人会ポータルサイト県民.comの取材記事です

在京宮城ふるさと協議会

10月6日(水)在京宮城ふるさと協議会取材

在京宮城ふるさと協議会の取材に行ってきました。今回取材にご協力いただいたのは事務局長の菅原一氏です。

各ふるさと会を集めて一つのふるさと会を作り、町おこしに貢献することを目的に在京宮城ふるさと協議会は作られた。創立は14~15年前とまだ新しく、小野寺喜美夫氏が現在の会長である。21のふるさと会が所属しており、一つの会がそれぞれ会費10000円を納めている。

1つ1つのふるさと会の会員数が多いため協議会の会員数は2万5千~3万人いるという。とても大きな組織である。

会報は「伊達っこ 江戸通信」という各ふるさと会の活動内容やふるさとの名所や行事を載せたものを2年に1度発行しているようだ。

会の行事としては毎年12月に忘年会を行い、2月には文化講演会が行われる。文化講演会は10年も続いている行事で、宮城県出身の著名人の方をお呼びし講演をしてもらうとのこと。今年は元ベースボールマガジン社編集長の首藤光春氏を迎え、元読売巨人軍の長嶋、王選手の密着取材を行った時のエピソードを語ってもらったという。

また、その後に講師を囲んで懇親パーティーが開かれ、地元から取り寄せたしそ巻き、わかめなどの物産販売コーナーも設けられた。

その他に、例年6月に行われる総会や宮城の地酒を楽しむ会、ふるさと訪問がある。

ふるさと訪問は50人で行くバスツアーで、各ふるさと会の地元を訪問する。ずんだ餅など宮城の様々な物産の差し入れもあるようでとても魅力的だ。

現在協議会は若い会員の方を獲得するためにイベントを検討しているようだ。

40~50代の方々が中心となってイベントを行えば多くの人が集まるようになるとのこと。

ふるさとと東京のキャッチボールをしたいという思いを語っていただきました。

我々県民.comは少しでも在京宮城ふるさと協議会様のお力になれたらと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 在京宮城ふるさと協議会
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Delicious
Share on FriendFeed
Bookmark this on Livedoor Clip

No related posts.

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed.

1 Comment »

 
  • 綾華 より:

    初めて、メールを送信させていただきます。
    私は、登米市から仙台の大学(福祉専攻)に通学しています。綾華(20歳)と申します。
    3月12日にプロ歌手を目指しレコーディング予定でしたが延期になりました。現在、南三陸町から登米市に避難され過酷な環境を余儀なくされているご高齢者に民謡を中心に歌でのボランティア活動をしています。避難所の町民からは他の避難所の仲間にも歌って欲しい依頼と「元気だよ」と言うメッセージを託され鳴子、唐桑、歌津と行動範囲が広がっています。また、地元ハートピア長沼に、任務とはいえ寡黙に活動されている同年代の自衛官がいることを知りました。遠く離れた北海道、九州から南三陸町の復旧活動されている自衛隊キャンプに南三陸町民・登米市民・大学仲間総勢20名で登米市名物「ハット汁」を炊事班合同で作り300人の隊員皆さんに感謝をこめて振舞うことが出来ました。愛する宮城県の観光地が疲弊している中、歌で全国に発信しで誘客できればと考え震災前に企画された楽曲が有ります。「綾華の宮城春夏秋冬」詩の中には宮城県の四季を織り交ぜ音頭調になっています。ユーチューブに投稿していますので一度ご試聴いただき、宮城県のためにご利用いただければ幸いです。

 

コメントをどうぞ

XHTML: 次のタグを使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Subscribe: Entries | Comments

Copyright © 県民.com – 県人会ブログ 2018 | 県民.com – 県人会ブログ is proudly powered by WordPress and Ani World.