岩手県人連合会

岩手県人連合会の坂本事務局長にお話を伺いました。

●会のあらまし
岩手県人会連合会は創立してから36年
100ある出身地域別のふるさと・同郷会、同窓会などをベースに、
会相互の親睦を図る目的で結成されました。

加盟団体の中には100年以上の歴史を持つ団体も存在。
その他の団体もほぼ50年程の歴史を持っている。
当然新しくできる団体、会員がいなくなり、退会してゆく団体もあるそうです。

●主たる活動
主な活動である「岩手県人会の集い」は例年5月末~6月に行われ、
500~600人が集まるとのこと。
その他に新年会やゴルフ会などのイベントが行われるそうです。

昔はそういった会に県出身の芸能人を呼んだりしていたそうですが、
現在は、県の伝統芸能をやっている人に演舞してもらう。
それにより地域の伝統芸能を盛り上げ・育てていく考えにシフトチェンジしたそうです。

地震があれば募金するなど、ふるさとを応援する活動も行なっている。
また、「絆」という会報を年1回4000部ほど発行。


●入会資格
岩手県にゆかりのある各団体の連合会として組織
入会希望者は連合会に問い合わせれば出身の会などに連絡してくれるとのこと。

●他県にない特徴

他県にない特徴としては日本赤十字社の献血への協力です。
年2回数寄屋橋にて行う。 今年で10年になるそうです。

社会への貢献を考えた県人会活動は素敵だなと感じました。



岩手県人連合会
http://www.rengokai-iwate.jp/

1月の県人会・地域団体のイベント・会合の予定

明けましておめでとうございます
本年も県民.comをどうぞよろしくお願い致します。

1月の県人会・地域団体のイベント・会合は以下のとおりです。
何かほかにございましたら、ご連絡いただけますと幸いです。
よろしくお願い致します。

・東京青森県人会  みちのく懇話会 1/28
http://www3.ocn.ne.jp/~a-kenjin/sub6.htm

・在京秋田県人新春交歓会 1/27 18:30~
 グランドプリンスホテル赤坂 五色一階

・最上葛麓会 新年祝賀会 1/23 12:00~
http://www.i-wing.co.jp/katuroku/k-1/k-1.html

・東京愛知県人会  新年会 1/18 18:30~


・We Love Mikawa ゴミ拾い 1/29 14:00~


・若い鳥取応援団 第15回会合 1/12 19:30~
 第16回会合 1/18 19:30~ @鳥取県東京事務所(都道府県会館)


・防長倶楽部(山口県人会)  1/21 18:00~
http://www.bochoclub.com/

・関東愛媛県人会  新年会(賀詞交歓会) 1/20(木) 18:30~
http://www.kanto-ehimekenjinkai.jp/naiyou/event110120/index.html

・東京福岡県人会 青年部 二水会 定例会 1/12 19:30~
http://fukuoka-kenjinkai.jp/event/index.html#man

・ネットワーク佐賀 佐賀市フェア~佐賀の食材を味わおう) 1/18(火) 19:00~

・在京大分県人会 新年会 1/17 12:00~
http://oitakenjinkai.jp/info/平成23年 新年会のご案内/

・在京宮崎県人会青年部(いっちゃが宮崎) 定例会(新年会) 1/22 18:00~
http://miyazaki.go2.jp/

・ヒゴモンズ(熊本県人会青年部) 1/21 19:00~
http://www.higomons.net/



2011/01/17追記ー在京秋田県人新春交歓会

防長倶楽部 講演会&秋季会員総会

2010年11月26日(金) 日立金属高輪和彊館にて
山口県の県人会である「防長倶楽部」の講演会&秋季会員総会が開催されました。

■進行
17:00~
総会が始まり、決算報告や公益財団法人への移行に関する説明と決議が行われました。
防長倶楽部は公益事業の支援等にもさらに力を入れていくようです。
また、席は早くの段階からほぼ全席埋まっており、皆さんの熱心な参加意欲が伺えました。
総会にて話を聞く会員のみなさん

18:00~
漫画「島耕作」で知られる、漫画家の弘兼憲史氏による講演が行われました。
演題は「島耕作にみる日本の今後」。
中国、韓国、ロシア、インド等世界各国と日本との関係や、日本の置かれている現状と進むべき方向を、
島耕作を通して講話されました。
27年間にわたりリアルなサラリーマン漫画を描いている弘兼氏の
グローバルで鋭い視点から語られるお話はとても興味深いものでした。
弘兼憲史氏による講演
会場に置かれた漫画「社長島耕作」

19:00~
立食形式による懇親会が行われました。
まず、小林理事による乾杯がなされ、
次に「きらら会」の皆さんによるコーラスの披露がされました。
会場の皆さんも一緒に山口の歌を歌う場面も。
小林理事による挨拶
きらら会の皆さんによるコーラス

その後は会員同士がお酒やテーブルに用意された豪華な料理をつまみつつ、交流を深めていました。
懇親会の様子

会の中盤で、新入会員の紹介が行われ、それぞれの方が出身と意気込みを語られていました。
中にはとても若い方もいらっしゃいました。
新入会員の方々

その後、中締めとして中野常務による三本締めが行われました。

■ 特徴
「おいでませ山口館」の出張販売があり、山口の特産品が販売され賑わっていました。
様々な商品が並んでいましたが、
特に山口の特産品である「ふぐ」を使った加工品が多く見られ、
中にはふぐラー油こと「ふぐらー」なるものも…。
物産コーナーはそれぞれの県の特色ある名品・珍品があって面白いですね。
「おいでませ山口館」の出張販売

また会場全体の雰囲気はとてもなごやかで、笑顔が耐えない場になっていました。
また皆さん活気があり、
「遠慮をしないのが防長倶楽部です!」
と理事・事務局長である松永さんが語られるとおり、
人と人との壁というのをあまり感じさせないくらい、気さくな方ばかりでした。

若い方も多く参加されていたのですが、
ご年配の方々とも普通に混じってお話をしている姿が見受けられました。
松永さんによると
「この防長倶楽部では、若者は主役になれる。」とのこと。
確かに、若い方々は皆、輪の中心にいるように思えました。
青年会は無いようですが、これから若いパワーが防長倶楽部をさらに盛り上げていってくれそうです。

今後がますます楽しみな防長倶楽部でした。


防長倶楽部
http://www.bochoclub.com/index.html
県民.com【防長倶楽部】
http://ken-min.com/index.php?md=club&aid=KY00001188


在京大分県人会 秋の集い「大分県人大集合」

平成22年度 在京大分県人会 秋の集い「大分県人大集合」

2010年11月20日 (土)12:00~15:00椿山荘(東京都文京区) オリオンの間に約200人の首都圏在住の大分県人が集まり、在京大分県人会 秋の集い「大分県人大集合」が開催されました。

第一部で
羽矢会長、嶋田副会長の挨拶などがあり、二日市大分県副知事、安部大分県議会議長、是永宇佐市長ら来賓の祝辞と、県選出の国会議員や県の各企業などの来賓紹介がそれに続きました。


第二部 懇親会が秋月 在京大分県関係団体連絡協議会会長 の乾杯で始まり、
初の試みである「各市町村対抗のど自慢大会」が行われました。

若い方も参加しており、身振り手振りを交えて楽しんで歌っている方がほとんどで、耳だけでなく、目でも楽しむことができました。

中でも「別府音頭」や「軍神広瀬」、「大分行進曲」など大分ゆかりの歌では
会場の皆が手拍子でリズムを取り、会場一体となって楽しみ、見事、「盛り上がった賞」などを受賞されました。

大会後には、大分出身の歌手の、

澄んだ声の綺麗な今成佳奈さん、

クラシックテイストを残した演歌風歌謡曲「クラ歌謡」を独自のスタイルとして歌っている湖本恭子さん

に歌声を披露していただきました。
プロの方の生の歌はやはり迫力があり、圧倒されました。

また、近藤六さんが大分出身ということで、お笑い芸人のアッチャンズにもネタを披露していただきました。


その後抽選会が行われ、中にはながーい自然薯を当てた方も!


秋吉NPO法人豊の国振興会理事長の3本締めで締められ、岩尾副会長による閉会の辞が述べられ、熱気あふれる集いが閉会となりました。


会場に出されるお酒の量が大変多く、お土産にも焼酎の瓶が入っていたことが大変印象的でした。

東京青森県人会 「青森人の祭典2010」

2010年11月23日、東京国際フォーラム(東京都千代田区)にて東京青森県人会主催の「青森人の祭典」が開催されました。

5,000円の入場チケットに500円券4枚、100円券5枚、計2,500円のお買い物券、と福袋の引換券、棟方志功展の入場券が付いてくるというお得でなかなか見られない県人会のイベント形式。当日券も販売。

会長の挨拶続いて、三村知事の祝辞が述べられ、市長会、国会議員、がそれぞれ勢揃いでご挨拶。今年全線開通する新幹線を機に発展を目指すという話が多くみられました。

その後、テープカットが行われ、
舞台では、大間のまぐろの解体ショー、津軽三味線、祭り囃子などが披露された。
ねぶた囃子では清藤会長や会場の人達が輪に入って踊る光景が見られた。

物産展には、市町村や商工会、地元企業、酒造組合の他に「東京十和田もみじの会」「東京鯵ヶ沢会」などのふるさと会(同郷会)が出店。
津軽りんごや田子にんにく、スチューベンブドウ、ねぎなどの生鮮野菜を中心に、青森の地酒や金魚ねぶた、りんごの加工品などが多数出展されていました。


清藤会長は「東京青森県人会は、古さたお青森の農林水産物の大きな受け皿となります!」
青森は農業・漁業などの一次産業が中心、東京青森県人会はそれを支援する。
これからますます食料自給率下がるであろう中、青森県は日本の食料を担う。
そのためにも若い人が入っていく環境作りを周辺から支援していきたいと仰っていました。

会場では、都内各ホテルなどの協力で青森県の食材を使ったオリジナル弁当が販売された。
また午後に入ると、解体ショーで解体された後、一旦築地に運ばれ小分けされた大間のマグロが販売される。大変高価であったにも関わらず、大間のマグロを求める人が、最期まで行き届かないほどの長蛇の列を作りました。

宿泊券などが当たる抽選会が行われ、抽選に漏れた人も青森県の各名産品をの入った福袋を貰うことができました。

来場者は3000人近く、地方が衰退していく中、県人会主導で事業を興し、日本の食料自給率を担うふるさと青森の発展につなげようというという気概に満ち溢れた集まりでした。

Subscribe: Entries | Comments

Copyright © 県民.com – 県人会ブログ 2019 | 県民.com – 県人会ブログ is proudly powered by WordPress and Ani World.