東京富山県人会連合会

東京富山県人会連合会

文京区白山にある東京富山会館内5Fの東京富山県人会連合会事務局に伺った。
事務局には6名ものスタッフの方がおられ、県人会連合会常務理事で事務局長の松田儀則氏にお話を聞くことが出来た。
東京富山県人会連合会 事務局長松田儀則 氏
東京富山県人会連合会の由来は、大正5年、加賀百万石の加越能郷友会から分派したことがきっかけ。今年で94年目になり、現在は出身地別や居住地別の同郷会、出身校同窓会などの80団体の連合体として構成されている。

一年で最大の集まりとなる「懇親のつどい」は毎年6月、多くの県とは異なり、総会とは別日程で開かれる。富山出身の実業家 大谷米太郎の開業したニューオータニで行われ、1000人近くが集まる他に、地元から物産館やJAなど10店ほどが出店し富山の産品を販売、すべて完売するほどの好評のようだ。
その他にその年の干支の人間が集う「干支の会」なども2月にニューオータニで行われる。

東京富山県人会連合会には他県に無い特色が多い。最も気合が入っているのは毎月1回刊行される30ページもの会報。主に東京で活動する富山の各ふるさと会を網羅し、その活動の紹介を行っている。

県人会連合会の事務所の存在する文京区白山の京華通りでは2002年から毎年10月の第一土曜日に「越中おわら」踊りを行っている。今年も10月2日に行われ、大変好評だったようだ。このように東京富山県人会連合会は地域貢献にも一役買っている。

他県に無い取り組みといえば、9月に東京築地の西本願寺にて行われる物故会員合同追悼法要。その年になくなった会員たちを追悼する。また、富士山麓の富士霊園にある富山県人墓地には「合掌の塔」というものがあり、90周年時には新装をおこなったとのこと。富山には先祖を大切にする気風が強いようだ。

また松田事務局長によると、20代30代だけの集まりがあり、200~300人ほど集まるそうだ。若者だけでこれだの人数が集まっている会は珍しく、これからの会の成長にも期待できそうだ。

「fukuist 」1周年

昨日、渋谷のUstreamStudioでおなわれました
福井県の情報誌「fukuist」(フクイスト)の放送のお手伝い&出演してまいりました!

最初は福井と首都圏をつなぐ架け橋である「fukuist」について語り
その後、福井出身の音楽家 入日茜さんを交えたトークと生ライブ!
小休止を挟んだ後に、当日 福井の物産館ふくい南青山291にて行われた、酒の会の紹介動画の放送の後の
「福井と落語」、「福井を盛り上げよう!座談会」
落語家の昔々亭健太郎さんと共に、県民.comの大平が出演させていただきました。


日本の0.6%、人口80万人の福井県ですが
東京でこんなにも福井人が集まるとは!

福井の熱気・福井の郷土愛を感じられて良かったです。

fukuist編集室ブログ
http://fukuist.blog91.fc2.com/
じゃみじゃみTV
http://www.ustream.tv/channel/fukuist-jyamijyami-tv

東京福井県人会

今回は都道府県会館にある、福井県人会 東京事務所にお邪魔し、職員の方からお話を伺いました。

東京福井県人会は、創立明治31年発足約100年経つ由緒ある県人会。

会員は約800名で60~70年代層の方々が中心となり、春と秋、年2回行われる総会や同郷の方々との懇親会などの活動を行っています。

また、県人会の他にも福井県出身の方々が有志で集まった『イエロー会』でも若い層の方が精力的に活動されているそうです。

会の主な目的はネットワーク作りや県人の活動支援。
福井県を出て東京で活動されている福井県人に交流の場を提供したり、他県で活躍されている県人の支援などをされているそうです。

今回お話を伺った中で、福井県人会もまた、
会員数や後継者の減少という現状を抱えていらっしゃるようですが、
会の方針としては劇的な会員増加や変化は求めておらず、
年に何回か出身者同士が集まり、ふるさとをなつかしみながらゆっくりと酒を酌み交わすという、今までの形を大切にしていきたい
と話しておられたのが印象的でした。

また、福井県では、そういった話題と併せて、
ふるさとの外で働きに出た同郷者が
「どうすればふるさと福井県に戻ってきてくれるか」
という、
地元福井県の就職についての課題意識も高いようでした。

そして福井と言えば地酒
福井には37もの酒造があり、数々の銘酒を作り出しています。

事務所にも地酒の空き瓶が飾ってあり、担当していただいた野川さんのお勧めは
一本義
だそうです!

南青山にあるアンテナショップ『ふくい南青山291』でも取り扱っているそうなので、
皆さんも是非お試しあれ!

私もオススメの一本を探しに行きたいと思います!

今回ご協力いただきました福井県東京事務所の皆様
お忙しい中ありがとうございました!

次回をお楽しみに!

東京福井県人会
http://www.pref.fukui.jp/doc/tokyo/tokyokenjinkai/tokyokenjinkai.html
福井県【県民.com】
http://ken-min.com/index.php?md=prefecture&tid=18000&pg=1

川中島白桃を食べてみました!



先ほど取材させていただいた三木さん(@LSAP228)のお店で買った
川中島白桃という桃をさっそく食べてみました!


教えていただいたおいしい食べ方を実践し、皮つきのままでいただきました。
味はとてもみずみずしくて甘かったです。

皮がついているままでもあまり違和感なく食べることができたので
とてもオススメです!

ぜひご賞味あれ。

産地直送品販売取材part1



本日は山梨県産の桃とブドウを販売している三木さん(@LSAP228)のところに
取材に行きました。

川中島白桃という品種の桃とサニールージュという品種のブドウで生産農家の
方が土づくりから始めて作られたものだそうです。

また農家の方もツイッターをやっている人が多いと聞いて驚きました!
アイフォンでツイートしながら作業している方がけっこういるみたいです。

また、桃のおいしい食べ方を教えていただきました。

桃は冷蔵庫に入れて保存するよりも常温で保存した方がいいみたいです。
食べる1時間前に水洗いをして冷蔵庫で冷やし、上から種に向かって縦に切り、
皮つきで食べるのがおいしい食べ方なのだそうです。

今日はとても勉強になりました。もしまた機会があったらお話を伺いたいですね!

販売場所は東京都新宿区戸山2-33-112
戸山ハイツ33号棟の裏手です。

8/20-21朝10時から夕方までやっているそうです。

Subscribe: Entries | Comments

Copyright © 県民.com – 県人会ブログ 2020 | 県民.com – 県人会ブログ is proudly powered by WordPress and Ani World.