東京鯖江会 (福井県鯖江市)

2011年10月21日(金) 銀座ブロッサムにて、
福井県鯖江市のふるさと会である東京鯖江会が開かれました。
参加者は100人弱

18:00からの総会の後、懇親会が開催される。

東京鯖江会の開催は、今年で53回になるとのこと。

懇親会では、来賓のスピーチの後、新会員が前で紹介される機会が設けられる。
今年は特に、若い女性の新会員がおり、大いに盛り上がる。

その後、毎年出席されている、尺八漫談 野菜吹奏家、はたのぼるさんの余興。
漫才、水道管・ホース・野菜を使った
大いに盛り上がりました。

その後、福井出身の歌手の方の歌の披露の後、参加者みんなで ふるさとを合唱しました。

東京鯖江会で特に印象に残ったことが、鯖江市長の牧野氏が
スマートフォンを持ちだして、Ustream中継を始めたこと。
会場ではUstream中継を行う牧野市長をUstream中継するなどの滑稽な風景が見られた。

メガネの町鯖江のテクノロジーへの関心の高さが伺えた一面でした。


長野県人会 (有志の集まり)

2011年10月13日

今回の長野県人会は、いわゆる、組織された県人会とは違い、
長野出身のアナウンサー 米沢さんの呼び掛けによるもの。
幹事の気分次第で開催している、とのことで、二年ぶりの開催だそうです。

参加者の年代は40代前後のいわゆるアラフォー世代が中心。
長野県出身者が7割で、その他に長野にゆかりがある方や、長野が大好きな方が参加。

店は、長野出身の飲食店コンサルタントで、著書も何冊か出されている樽井さん。
長野には海が無いのに、海産物の店を選んだのは、
場所的に個室がある所が少なかったことと、
第一回目を長野縛りでやったら微妙な結果になったからだそうです(笑)

長野は、地域によって、北信・中信・南信に分かれるそうですが、今回は北信(長野市等)のメンバーが多数参加。


長野名物「おやき」は他県にもよく知られていますが、北信と中信で形や中身に違いが出てくるそうです。

他には、長野市の一部地域では公園のことを”遊園地”と呼んだり(規模や遊具などの条件があり)、
スーパーのことを”デパート”と呼んだりするという、地域の小ネタが話され、

また「ネクタリン」が食べたい~ など長野を思い出す話題で盛り上がりました。


次回の長野県人会は来月11月にやって、
女子会も派生させて、地域の繋がりを深めていきたいとのことでした。

福井県人主催の被災地応援チャリティー寄席

県民,comでは福井県出身者の方々が中心となって主催し
福井県のアンテナショップであるふくい南青山291行われた
「被災地応援チャリティー寄席」
のお手伝いをさせていただきました。
http://ameblo.jp/cafe291/

個人的には落語が生で聴けたのが嬉しかったです!


3県の特産をセットにした被災地応援袋が販売されていました。

東京飛騨会 総会・懇親会(+プチ合コン)

2011年6月9日
如水会館にて岐阜県北部である旧飛騨国のふるさと会「東京飛騨会」の総会・懇親会が開催されました。

参加者は60名程度。ですが、「とある」イベントの仕掛けのために
若者は4000円と参加しやすい値段に抑えられ、若者が多く参加しておりました。

司会進行などを40前後の若手が主体となって開催しているものは、
県単位で福岡県の「ふくよか会」があるぐらいで、地域会としては珍しいものであります。

総会が10分足らずとスピーディーに行われ、宴会が始まりました。

この日の目玉企画は、「プチ合コン」
男女それぞれの、若者が壇上に上がって自己紹介する時間が設けられました。

東京飛騨会の会員であり、坊っちゃん文学賞を受賞された作家の大沼紀子さんが、今月第3作目を発表され、早速増刷になった等の報告がありました。

その他にも、ノーベル化学賞受賞者の白川英樹教授のお姉さま夫妻がいらっしゃる等
作家や、映像・写真関係の方が多いなという印象を受けました。
美しい自然の中で、そういった感性が育まれたのでしょうね。

その後は、地元のラーメンなどが当たる抽選会が開かれみんなで楽しく過ごしました。


東京飛騨会の集まりは年2回。
新年会は明治神宮で行われるそうです。

東京三重県人会青年部☆☆☆(ミツボシ)会 懇親会

2011年2月18日千代田区平河町にあるカフェにて「東京三重県人会」の若手の集まりである「☆☆☆(ミツボシ)会」の懇親会が開催された。

初参加の人を3人含む、20人程が参加。

三重県人会をサポートする三重県東京事務所から、おみやげとして
DVDと三重県のパワースポットの観光小冊子が手渡された。

三重県は医師不足が深刻。
是非、知り合いの医者に三重県に来てもらうよう、お願いして欲しい。というお願いもありました。

Subscribe: Entries | Comments

Copyright © 県民.com – 県人会ブログ 2018 | 県民.com – 県人会ブログ is proudly powered by WordPress and Ani World.