東京迫会 第25回総会・懇親会 (旧:宮城県登米郡迫町)

宮城県のふるさと会である「東京迫会」(旧:宮城県登米郡迫町、現:登米市迫町)の総会にお邪魔させていただきました。
10月9日(土)連休初日のパラパラ雨の気になる東京都港区、八芳園にて行われました。
出席者は70~80名程度、例年は150人ほど集まっているとのことですが、本年はいつになく少なかったそうです。

■様子
来賓として、登米市の所長さんや登米市議会議長、宮城県東京事務所副所長、東京宮城県人会連合会会長、在京宮城ふるさと協議会会長の他に、在京の宮城県出身ふるさと会の方々が来賓としていらっしゃっていました。
宮城県のふるさと会は横のつながりが強いようです。
(なお、迫町のある登米市は旧登米郡8町と本吉郡津山町が合併して設立したもので、現在の年区分に合わせて「登米市在京町人会連絡協議会」で互いに連絡を取り合うこともしているようです。)

地区ごとに別れたテーブルに座って、1時間ほど行われた総会の後には懇親会!乾杯の後はお酒を酌み交わす風景が見られました。
演歌歌手による歌唱やその他に舞も披露されていました。(また、カラオケも有ったそうです)

■物産
会場では、池袋の宮城ふるさとプラザから出張販売があり、宮城の地酒や海産物、仙台麸などが販売され、売れ行きは好調のようでした。
宮城ふるさとプラザから来られたという販売員の方によると「東京ではなかなか流通していない、ほやが一番売れている」
なお、ホヤは池袋の宮城ふるさとプラザで購入可能です。http://cocomiyagi.jp/

若干年齢層は高いものの、「席が空いているから来い!」と誘っていただけるほど、和気あいあいとしている、とても愉快な集まりでした。



Tips
・ 東京迫会は、過去にふるさとにある歴史博物館(登米市歴史博物館)に石碑を贈った。
・ 元々は年会費をとっていなかったが今は年1,000円
・ 過去の総会では巨人軍のサインボールのプレゼントなどがあったようです。

山形県人東京連合会 総会山形県人まつり

今回は9月5日(日)ホテルニュー・オータニにて行われた 山形県人東京連合会 総会山形県人まつりを取材させていただきました。
今回 の総会山形県人まつり参加者は約1,000名約40団体のふるさと会が参加しました。

■ 山形東京連合会
山形東京連合会の会員数は約1000人を数え、月の定例会をはじめ新年賀詞交換会(1月)
山形交響楽団「さくらんぼコンサート」(6月)郷土訪問(8月)家族慰安大いも煮会(若洲海浜公園)(10月)など年間を通じて様々なイベントを行うなど積極的に活動されている様子です。

■山形県人祭り
定期総会が開かれた後、第二部として山形県人祭りが行われました。
なんといっても三澤会長が圧巻です。とても80代後半とは思えない艶と張りのある声。まっすぐに前を向いて凛として話されるその内容に胸打たれるた方は自分だけでなかったような意がします。


山形県人祭りでは乾杯の挨拶に始まり
故郷綴り
「つや姫応援団」
抽選会
フィナーレ
と約2時間にわたって開催されました。
全体イメージはこちらで感じてみて下さい。




故郷綴りでは
ふるさとの音楽に合わせた踊りや太鼓、演歌の披露が行われました。
なかでも山形といえばやはりこれ!「花笠踊り大パレード」では3つの県人会のかたがたによる花笠踊りは圧巻です!皆さんお若い!
さらに「つや姫応援団」では、踊り、演歌の披露に加えて「つや姫大使」の方々による合唱がありました。
そしてフィナーレには総会出席者約1,000名による「ふるさと」の大合唱で幕を閉じました。



今回出席者の方々は現役を退かれた方など決して若いとはいえない年代ですが、ふるさとを思いながらの花笠踊りや大合唱の演技は若者顔負けの元気と迫力のある山形県らしい総会でした。
県人会では会員の高齢化などが叫ばれていますが、参加者の皆さんを見ているとまだまだ若者には負けない!という意気込みが伝わってくるようですね。

最後になりましたが、取材に当たってご協力いただいた総会関係者の皆様、ありがとうございました。

北海道のとある ふるさと会

先日、北海道のとある町のふるさと会の方にお越しいただき
組織の課題などにおはなし頂きました。

その会は高齢化が進み中心世代は60才前後
最も若い人でも50代で、20~40代の人は皆無とのことでした。

それを寂しく思っており、
例えば、10代20代で上京してきた同郷の後輩に、壮行会などをしてやりたい!とのことでした。

ただ、驚くべきなのはそのITリテラシーの高さ。
会議もSkypeでおこなっており、その音頭を取っている方は70才!とのこと!

ITに精通した特異な方の集まりだったのかもしれませんが
我々も、上の世代に対する認識を改めなければならないなと感じた次第です。

Subscribe: Entries | Comments

Copyright © 県民.com – 県人会ブログ 2018 | 県民.com – 県人会ブログ is proudly powered by WordPress and Ani World.