県民.COM

山形県

ふるさとサポート募金 山形県に寄付する はねっと 山形県での使い道



山形県からのお知らせ  [編集]

 ■山形県の紹介



 ■山形県の日本一
 ○やまがたの「世界一」「日本一」大募集!
 皆さんがご存じの山形県の隠れた「世界一」、「日本一」についての情報を探しています。
 ジャンルは問いませんので、県広報室まで情報をお寄せください!


 ■「つや姫」
 山形の農の匠が丹誠込めて育てる、安全で、おいしさを極めた特別なお米。
 日本中の、何よりも「白いごはん」が大好きな人にお届けします。 
 ○うちの「つや姫」レシピコンクール、審査結果発表!



 ■県政カレンダー
 ○蔵王みはらしの丘
 はらっぱ館『はやぶさ上映会』を開催します♪


 ○山形県求職者総合支援センター
 離職された方の生活の安定と再就職を支援するため、山形県と山形労働局が連携して設置し
 ました。暮らしや仕事でお困りの方は、お気軽にご相談ください。



 ■県産品☆愛用運動☆



                             <山形県HPより掲載>

自由編集  [編集]

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


            「 天 童 の 将 棋 駒 」


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆




  全国の生産量の大部分を占める天童の将棋駒づくりは、藩士の内職が起源

  山形市の北側に隣接する人口6万3000人の天童市が、日本一の将棋駒産地となっ
  た歩みをふり返ります。

  将棋のルーツは古代インドから

  そもそも将棋は古代インドを発祥とし、奈良時代に日本へ伝わりました。
  城跡や各地の遺跡で発見された古い駒から、かつては貴族や武士が自分で駒を作り、
  将棋を指していたとがわかります。本格的な駒づくりが始まったのは安土桃山時代末。
  能書家・水無瀬兼成(みなせかねなり)が黒漆と筆で書く「書き駒」を確立しました。
  江戸時代に入ると家元制度が成立。その後、将棋は庶民の間にも広がっていきます。

  天童織田藩の駒づくり

  天童で将棋駒づくりが始まったのは、将棋が庶民に定着した江戸後期。当時、天童織
  田藩の財政は大変な窮乏に苦しんでいました。そこで、織田藩はかつて米沢藩から技
  を学んだ駒づくりで財政を立て直そうと、藩士たちに奨励。幕末には、天童伝統の草
  書体による書き駒の基礎が築かれたといいます。


  詳細はこちらから

ふるさとフォト  [編集]


地域ブランド  [編集]


観光  [編集]


物産  [編集]


ふるさとのヒミツ  [編集]


キャラクター  [新規]


県の有名人  [新規]


アンテナショップ

店名
おいしい山形プラザ
所在地
東京都中央区銀座一丁目5-10ギンザファーストファイブビル1F・2F
営業時間
【特産品展示販売】
10:00〜20:00

【観光情報コーナー】
10:00〜20:00

【YAMAGATA San-Dan-Delo】
11:30〜15:00ラストオーダー14:00)
18:00〜23:00(ラストオーダー22:00)
定休日
特産品展示販売
年末年始のみ休

観光情報コーナー
年末年始のみ休

YAMAGATA San-Dan-Delo
毎週月曜日・年末年始
アクセス
・JR有楽町駅より約5分
・東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」5番・6番出口より徒歩約1分
サイトURL


文字を大きく 文字を小さく
仏事代行
ふるさとサポート募金
HP作りませんか?
県民.comではお得なメールマガジン
を発信しております。
下記、入力欄にメールアドレスを入力し
登録ボタンをクリックしていただくだけで
簡単にご登録頂けます。

登録を解除するには入力欄にメールアドレスを入力し
解除ボタンをクリックしてください。

  
触れる辞典「日本神話ノ書」 〜美麗なイラストの神様辞典〜箱庭ズ 〜かわいいドットの箱庭アプリ〜月面降下隊 〜うさメイドと段ボールの縦スクACT〜
全国のふるさと会・県人会・同郷会のポータルサイトです。

 県民.comは、赤い羽根共同募金の「ふるサポ(ふるさとサポート募金)」に協力しています。
 ふるサポは、インターネットを通じてふるさとや応援したい町を市区町村まで指定して応援できる募金です。
 ふるサポは、2012年、地域固有のテーマを応援できるしくみを設定しました(テーマを持つ県は、県別のページで「○○県には特別に取り組んでいるテーマがあります」と表示しています)。
 応援をよろしくお願いします。
丹野こんにゃく 株式会社 まちづくりとやま 広告掲載について